理事長挨拶

理事長医療法人暢生堂(ちょうせいどう)は「医療を通じて地域社会に貢献する」という理念のもと、人工透析を中心として泌尿器科・内科など質の高い医療を提供しています。

人工透析にいおいては最新の機器を全施設に備え、個々の患者さんに合った最適な血液浄化が提供できるよう対応しています。

また、透析患者さんの送迎サービスは開院時から行っており、車椅子送迎も可能なため多くの方が利用されています。

透析患者さんにとって大切な血管の管理につきましては、シャントエコー等を利用して血管トラブルを未然に防ぐよう努めるとともに、血管狭窄などに対しては各施設でバルーンカテーテルによる拡張術を行っています。

泌尿器科においては前立腺肥大症や過活動膀胱などの排尿障害、泌尿器がん(前立腺がん・腎臓がん・膀胱がんなど)のフォローアップ、尿路結石など泌尿器科全般につき、経験豊富な泌尿器科専門医が対応しています。

人工透析や泌尿器科は総合病院との連携が大切であり、各総合病院への検査依頼や専門医への紹介を積極的に行っています。

今後におきましても適切な医療に心がけ、患者さんに親しまれるクリニックとなるよう、スタッフ一丸となって取り組んでまいります。